読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kkAyatakaのメモ帳。

誰かの役に立つかもしれない備忘録。

無線LANの設定

環境はDebian
GUIからやれば一発だけど、Raspberry Piとかいじってると、イメージ書いたときについでに設定しておけばつながるので楽なのです。

まとめると以下。

  • wpa_passphraseでSSIDとPSKから暗号化したPSKを取得
  • 「/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf」にwpaの設定を記述
  • 「/etc/network/interfaces」を設定ファイルを参照するように記述

/etc/network/interfaces

とりあえず「/etc/network/interfaces」を編集しとけばつながる。

$ sudo vi /etc/network/interfaces
auto wlan0
iface wlan0 inet dhcp
wpa-ssid <SSID>
wpa-psk <PSK>

wpa_passphrase

pskは暗号化したものを使うのが一般的らしい。

$ wpa_passphrase <SSID> <PSK>
network={
        ssid="<SSID>"
        #psk="<PSK>"
        psk=<Encrypted PSK>
}

/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

暗号化したものを直接/etc/network/interfacesに書いてもいいんだけど、wpaの設定は別に書いといて参照するのがよいらしい。/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.confに追記して、参照するようにする。

$ sudo vi /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf
network={
        ssid="<SSID>"
        psk=<Encrypted PSK>
        proto=WPA WPA2
        key_mgmt=WPA-PSK
        pairwise=CCMP
}

再度/etc/network/interfaces

wpa-confを追加して、不要なものを消す。

$ sudo vi /etc/network/interfaces
auto wlan0
iface wlan0 inet dhcp
wpa-conf /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

ネットワークの再起動

編集したらネットワークの再起動。

$ sudo /etc/init.d/networking restart